2008年11月14日

いなくなった・・・

わたしのバイト先の裏にいて、みんなで面倒を見ているいずみちゃんが、

6日前の土曜日に見たっきり、いなくなりましたもうやだ〜(悲しい顔)

その数日前から、「ここ最近ごはんをあまり食べない」とみんなで心配していて、缶詰をあげたりもしたけど、ひと口食べただけ。

いずみちゃん、どこに行ったの?

「猫は死期が近づくと姿を消す・・・」、以前聞いたことのあるこの言葉をふと思い出す・・・もうやだ〜(悲しい顔)

いずみちゃんはバイト先の裏の家で昔飼われていたコで、引越しの際に置き去りにされたコらしい。
10歳は越えてるだろう、とのこと。

そのかつてのいずみちゃんの家は、今は誰も住んでなくて、横の畑をしてるおばさんの畑道具入れとなっている。
いずみちゃんはよく、軒下から(屋根の下)からその家に入って行ってたので、もしかしたらその家にいるのかな・・・と思い、

畑仕事をしにきたおばさんに、「猫が中にいるかもしれない。もしかしたら死んでるかもしれないので・・・(見てもらえませんか?)」と声をかけたら、

「知りませんむかっ(怒り)」の一言で向こうに行ってしまった(-""-;)



そのババアには、「猫がフンをして困る!」と言われたことがあるし、いずみちゃんが仔猫を産んだときには、「ごはんをあげるから増えるんだ」と言われた。

そのときは、「フンは出来る限り拾ってるし、産んだ仔猫は飼い主を探すから」と答えた。そのババアはムッとして立ち去った。

そんないきさつもあったから、いずみちゃんのことを聞いても、見てくれやしない。
(見てくれたとしても、いずみちゃんが入ってたのは天井裏かもしれないけど)


いずみちゃん・・・かつての自分の家に入って死んぢゃってるのかなぁ・・・𕾶

お腹がちょっと出てたのは、病気だったのかなぁ・・・

どこかで出産でもしてて、ひょっこり仔猫を連れて、帰ってきてくれないかなぁ・・・


みんなでこんなに心配して待ってるのに。


0811132.jpg


また会いたいな。

2008年03月15日

ご無沙汰~

わたしのバイト先の野良にゃんのいずみちゃん・・・ずいぶんご無沙汰してますが、元気ですわーい(嬉しい顔)
ブログに登場するのは、約2ヶ月ぶりです。


それでは、動くいずみちゃんを見てねるんるん



ごはんをくれる人をよく知っていて、ちょっと離れたところでお昼寝してても、トコトコとやってくるんだよー(長音記号1)


0803151.jpg


0803152.jpg
𕾓『ウマウマ~るんるん


わたしは今風邪をひいてて鼻水ぢゅるぢゅるだけど(きちゃないふらふら)、いずみちゃんは一年中ずっと鼻づまりなんだよなぁ・・・かわいそうに𕾶
獣医さんにも相談したけど、猫風邪をこじらせて鼻の粘膜が悪くなってしまった場合は、もう治らないんだってもうやだ〜(悲しい顔)


そろそろ暖かくなってきたし、いずみちゃんまた発情するんだろなぁ・・・
鉄のぱんつはかせなくちゃ・・・たらーっ(汗)


らんきんぐぅー(長音記号1)

ポチしてね.jpg ぽちっとしてね.jpg


<今日のPick Up𕾘>

 クタッとした感じがおしゃれノアファミリー 春の新作帆布の猫のでかショルダー

2008年01月19日

いずみちゃん、病院へ

いよいよいずみちゃんを避妊手術するため、病院に連れて行く決心をしました。
産後3ヶ月過ぎたから・・・
捕まるかどうかわからないけど、土曜日に手術の予約を入れてました。

(いずみちゃんって誰?って方へ→いずみちゃんは、わたしのバイト先の裏に長年住み着いている野良にゃんで10月に3にゃん産みました。以前は飼い猫で、引越しのときに置き去りにされた模様・・・)

で、バイト先の人には、『朝ごはんをあげて、夕方はあげないでね』とお願いしておきました。お腹いっぱいだと、どこかへ行っちゃうかもしれないから・・・

で、5時に行くと・・・いずみちゃんは空っぽのごはん皿の前で待ってた(^^;;

躊躇してると失敗するだろうし、一度失敗したらもう捕まらないだろな・・・
チャンスは一回・・・

キャリーを立てて床において、意を決してむんずと首ねっこを掴んだ!!

そしたら・・・なんと・・・

いとも簡単に、キャリーに入った・・・たらーっ(汗)
う~む、ここまでわたしを信頼していたか・・・アセ

それから大急ぎで病院へ車(セダン)
車の中では、『にゃあーにゃあー』と悲痛な叫び・・・
『ごめんやでぇ・・・』と声をかけながら、これから勝手に手術させることに罪悪感を感じた𕾶
『いずみちゃんのため・・・』と自分を言い聞かせながら・・・


0801191.jpg
待合室で。


結果は・・・

体重:3.3kg
年齢:推定8~9歳

お腹が膨らんでいて妊娠疑惑があったけど、妊娠はしてなかった。
お腹のふくらみは固く、腹水でもない。
結局は、『お肉』だった𕾵(超音波で診てもらいました)
『なんでお腹だけ膨らんでるんかな・・・』の問いに、先生は
『産後やから腹筋が弱ってるのかなぁ』と・・・。
産後でお腹の皮が伸びてそこに脂肪がついたってことなのかな・・・たらーっ(汗)

先生曰く、『この鼻水(風邪)の状態では、麻酔はかなり危険。手術できたとしても、麻酔と手術で抵抗力が落ちて、風邪は間違いなく悪化するだろう。そうなると風邪で死んでしまうこともある・・・』ともうやだ〜(悲しい顔)

『それでも手術するなら、しますよ・・・』と言われ、

わたしは、『やめます。命を失っては意味がないから・・・もうやだ〜(悲しい顔)』と答えました。

いずみちゃんが10月に産んだ茶トラちゃん、クリームちゃんを亡くした上に、いずみちゃんまで死んでしまうのが恐くて、手術に踏み切ることができませんでした。
その後うちのコにしてあげることもできないから・・・


で、風邪がちょっとでもマシになるよう、抗生剤(粉薬)をもらって帰りました。

診察台でのいずみちゃんは、野良にゃんとは思えないくらいおとなしかった(ふたりで保定したけど)。
そして、帰るときは、自分から進んでキャリーに入った目

で、帰りの車の中では、一声も鳴かずおとなしかった。

𕾸『これってうちのにゃんずと同じやん・・・病院行ったことあるのかな・・・』と思った。

0801192.jpg
帰りの車の中。結構リラックスしてた。


いつもの場所に放したら、きっとわたしのことがキライになってて、一目散に逃げるだろうな・・・と思ってたのに、
いずみちゃんは穏やかな顔で、『ごはんちょうだい♪』と目で訴え、あげるとガツガツ食べた。

なんていいコなんだろう・・・𕾶


これから、もし風邪が治ったら避妊手術するかもしれないけど、
手術できなくてまた出産したときには、全力で力になろうと思う。
でも、もう結構なお歳なんだから、ほどほどにして欲しいなぁ・・・ボソッ𕾵


らんきんぐー(長音記号1)

ポチしてね.jpg ぽちっとしてね.jpg


line2.gif

お知らせ。

サビちゃんのお見合いは、明日となりました。
気に入ってもらえたら、そのままお別れかも・・・𕾶

0801193.jpg

うちのにゃんずを蹴散らして?、ストーブの前を陣取るサビちゃん・・・𕾷


<今日のPick Up𕾘>

 TVで紹介!を記念して…可愛いギフトBOX入りで再販決定! 5万個完売の人気シリーズが一挙に試...